こんにちわ。

 

 

福岡市の「慢性腰痛」専門 整体院 帆花−HONOKA−

院長の木村です。

 

 

今回は腰痛は寝起きになぜ起こる?対策は?

です。

 

 

【腰痛は寝起きになぜ起こるのか?】

 

 

 

朝起き始めに腰が痛い多いですよね。

そのまま中腰で洗面台にまで移動し

 

 

顔を洗おうとして前かがみに。。。

再び腰に激痛が!

 

 

みたいな経験ありませんか?

これは。。。

 

 

寝起きという所がポイントです。

起きる直前。いわゆる

就寝中にどんな姿勢寝ているか

 

 

と言う事が重要なのです。

まず床の仰向けになって床と腰の

 

 

間に手を入れてみて下さい。

手が容易に入る様でしたら

 

 

骨盤の位置関係が悪い状態

あり腰部に負担がかかっている

 

 

可能性があります。

この場合の対策としては

 

骨盤をまず良好な位置にする必要があります。

 
 
<方法>

・枕やクッション、なければバスタオルを丸めて筒状にした物を使います。

・両太ももの裏に上記のものを入れるだけです。

・床と腰に手を入れて隙間が埋まっていたいらOKです。

 

 

また、

床に仰向けなった際に膝の裏が浮いていませんか?

 

 

浮いていると

足がしっかりとリラックス出来ていない状態です。

 

 

この場合も腰部に負担がかかっている

可能性があります。

 

 

この場合の対策としては

足をリラックスさせる必要があります。

 

 

<方法>

・枕やクッション、なければバスタオルを丸めて筒状にした物を使います。

・両膝の下に入れるだけです。

・床と膝の隙間が埋まっていたらOKです。

 

 

この2つのどちらかをすればいい場合と

2つ共しないといけない場合があります。

 

 

あなたが実際に試してみて

朝起きて腰痛がない方を試してみて下さい。

 

 

睡眠は「脳」と「体」を休めるとても大切な時間です。

 

 

以前のブログにも睡眠の大切さを書いていますので

まだご覧になられていない方は

 

 

是非!これを機会にチェックしてみて下さい。

きっとお役に立てると思います。

「【腰痛】にならない生活習慣癖とは!?〜睡眠編〜」はこちら↓

 

 

是非!参考にされてください。

 

 

本日も整体院 帆花のブログをご覧いただき
誠にありがとうございました。

 

何かご質問などあれば無料のメール相談で

質問を受け付けておりますので、

ドンドン質問してください!

(下にメール相談のリンクがあります)

 

では、明日もあなたを苦しめている

慢性腰痛を改善する

ヒントやアイデアを

お伝えしていきますので

どうぞお見逃しのないように!!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長年、苦しんでいる

慢性腰痛

ギックリ腰

坐骨神経痛

産後腰痛

腰椎すべり症

椎間板ヘルニア

脊柱管狭窄症

腰椎分離症

 

諦めないでくださいね!

 

無料のメール相談はこちら

ホームページはこちら

 

福岡市の「慢性腰痛」専門整体院 帆花−HONOKA−

木村直隆