こんばんわ。

 

福岡市の「慢性腰痛」専門整体院 帆花ーHONOKAー

院長の木村です。

 

今回も慢性腰痛の方に

ご自分で痛みの改善につながる情報を

 

発進して行こうと思います。

気持ちのいい夜になってきましたね。

 

空気の香りが冬から春に

変わって来てますよね〜♪

 

え?外の空気に香りなんてない!?

ありますあります!

 

特に朝自宅を出た時が一番感じますよ?

よかったら明日の朝は香りに気をつけて玄関のドアを開けて見て下さい。

 

きっと春の香りがしますよ☆

ではせっかくなので今回は、

 

香りと腰痛

 

の関連性についてお話ししたいと思います。

 

まずちょっと皆さんに質問なのですが、

体が固い人と柔らかい人、

 

どっちが腰痛になりやすいとお思いですか?

ですよね。柔らかい人ですよね。

 

あっ、間違えました。

(一般的には)固い人ですよね。

 

ではストレッチやマッサージ、

エクササイズなどをすればいいのですが、

 

そんなの面倒臭い!

こういう方多いですよね。

 

でも体が固くなって腰痛にはなりたくない!

そんな方に朗報です!

 

何とある香りで体が柔らかくなるんです。

そのある香りとは、、、

 

ズバリ!

 

、、、、、自分の好きな香りです笑

 

ちょっとちょっと何それ!

という方にきちんとした理由を説明しますね。

 

まず、人には様々な神経がありますよね。

その中に自分の意思ではどうにも出来ない神経があります。

 

それは自律神経と言います。

 

その自律神経には2つあります。

交感神経と副交感神経です。

 

主に

 

交換神経:

血管を収縮させる。

瞳孔が開く。

怒る。

胃腸の働きを抑える。

唾液が減る。

 

などなど日中に働きやすい神経です。

 

副交感神経:

血管を弛緩させる。

瞳孔が閉じる。

穏やかになる。

胃腸の働きが活発になる。

唾液が増える。

 

などなど夜間に働きやすい神経です。

よって、

 

交感神経>副交感神経だと

体が固くなり、

 

交感神経<副交感神経だと

体が柔らかくなります。

 

要するに副交感神経が優位だと

体がリラックスできている状態と言えます。

 

ここで!お待たせしました!

「香り」の登場です。

 

人は自分の好きな香りを嗅ぐと

リラックスしますよね?

 

先ほども言いましたが、リラックスするというのは

副交感神経が優位となるのです。

 

ということは、筋肉も緩んで来ますので

体が柔らかくなります。

 

本当ですよ!

反対に自分の嫌いな香りを

 

嗅いで見て下さい。

うわ!臭い!

 

と体がその香りを拒絶してしまいます。

この時交感神経が優位に働いて来ます。

 

そうする事で体が固くなって来ます。

 

試しに前屈をして好きな香り、

嫌いな香り(例えば生ゴミの香りとか)を

 

嗅いだ後の前屈を

計測して見て下さい。

 

きっと、ご自分の好きな香りの方が

体も柔らかくなって

 

腰痛になりにくいですよ。

オススメの香りは「ベルガモット」という香りです。

 

この種類はとてもリラックス効果の高い

アロマの香りとされています。

 

実は当院でもベルガモットを愛用しています。

来院される方にリラックスしてもらい

 

腰痛を少しでも防げるようにと考えています。

 

いかがでしたでしょうか?

 

人間って不思議ですよね〜♪

 

もちろん、全然変わらないじゃないか!

俺の腰痛の原因は一体何なんだ!

 

という方も中にはおられます。

そんな方は慢性腰痛の原因

 

どこかに隠れています。

あなたの腰痛の原因は必ずあります。

 

本日も整体院 帆花のブログをご覧いただき
誠にありがとうございました。

 

何かご質問などあれば無料のメール相談で

質問を受け付けておりますので、

ドンドン質問してください!

(下にメール相談のリンクがあります)

 

では、明日もあなたを苦しめている

慢性腰痛を改善する

ヒントやアイデアを

お伝えしていきますので

どうぞお見逃しのないように!!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長年、苦しんでいる

慢性腰痛

ギックリ腰

坐骨神経痛

産後腰痛

腰椎すべり症

椎間板ヘルニア

脊柱管狭窄症

腰椎分離症

 

諦めないでくださいね!

 

無料のメール相談はこちら

ホームページはこちら

 

福岡市の「慢性腰痛」専門整体院 帆花−HONOKA−

木村直隆